芝生の基本

芝生の冬支度、これだけは必ずやっておきましょう!

投稿日:2018年10月16日 更新日:

夏は芝生のお手入れが本当に忙しかったと思います。

水やり・肥料やり・芝刈り・雑草対策・病害虫対策など、やることがもりだくさん。

 

 

一方で芝が休眠状態になる冬場は特にお手入れをする必要はほっとんどありません。

 

 

 

芝刈りはもちろんのこと、水や肥料を与える必要はありません。

そうです、冬は逆に寂しくなるくらいにやることが全くないのです。

 

参考記事:

12月は、のんびりと芝生の管理をしています。

 

 

ただ、夏が終わると次の春まで何もする必要がないというわけではありません。

 

 

 

たとえば、芝生に生えてきたコケ対策をするのもこの季節だったりして・・・

参考記事:

芝生のコケ対策には、「3種の神器」が大活躍!

 

 

 

それ以外にも厳しい冬を乗り越えるためにやるべき手入れがあるんです。

 

 

本日は、「芝生の冬支度でこれだけは絶対にやっておくべき!」ことをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

❶芝の丈は4~5㎝のまま冬を越しましょう

10月頃にやることとなる年内最後の芝刈りは芝の丈が4~5㎝になるように刈って下さい。

これがとても大事な冬支度の一つです。

 

 

年内最後の芝刈りは10月中旬頃にするのが良いとされています。

その時、最後の芝刈りだからと言って思いっきりジョリジョリ刈りたくなる気持ちはわかりますが、それは残念ながらNGです。

 

 

 

なぜなら、短く刈ると芝生自体のクッション性がなくなるからです。

クッション性がなくなると冬の間に踏まれたときのダメージが大きくなってしまいます。

また、芝の丈が長い方がより光合成をすることもできるというメリットもあります。

 

 

 

 

だから、4~5㎝ほどの芝の丈を残したまま冬を越す方がいいのです。

 

 

❷冬を迎える前に肥料をしっかり与えてください

次に大事な冬支度としては、芝が緑色をしているうちに肥料をしっかりあげることです。

 

 

おそらく、夏の間、みなさんそれぞれお気に入りの芝生の肥料をまいていたと思いますが、年内最後の肥料を与えるタイミングはどのようになっていますか?

10月や11月が最後になっていることが多いのではないでしょうか。

 

 

本格的な冬になると芝は茶色く枯れますし、11月になる頃には休眠期に入っているでしょう。

しかし、だからといって芝が死んでいるわけではありません。

根っこはしっかり生きています。

 

 

冬が訪れる前の11月頃にしっかりと肥料を与えることによって冬の間に栄養をたくわえ、春になるとまたキレイな緑色になることができるのです。

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

 

 

このとき与える肥料としては液体肥料ではなく粒状の肥料を選びましょう。

液体肥料は即効性はありますが効果は長続きしません。

対する粒状の肥料は即効性はないのですが効果は長持ちします。

冬支度のように長くじわじわと効果を利かせたい時は粒状の肥料を使いましょう。

 

 

 

なお、私が愛用しているのは「バロネス芝生の肥料」。

ゴルフ場でも使われているようなプロも認める高級肥料なので効果はバッチリです。

説明書によると「高麗芝であれば11月に1㎡あたり40gをまく」ということになっているので、この通りにやれば冬支度はOKです!

 

楽天ランキングでも1位の常連さん♪

 

 

 

❸芝生の上の落ち葉などはしっかり拾っておきましょう

芝生の上に落ち葉などがある時はしっかりと拾っておきましょう。

 

 

落ち葉を残したままにしておくとだんだんそれが溜まっていきサッチになってしまいます。サッチが溜まっていくと

 

◇通気性が悪くなって病気になる可能性がたかまる

◇サッチが邪魔して肥料が根っこまで届かない

◇芝の成長を邪魔する

 

など、良いことは一つもありません。

 

落ち葉って拾っても拾っても毎日落ちてくるのでキリがありません。

とても面倒くさいのですが、これをサボるとゆくゆくはボディーブローのように芝生にダメージを与えていくので、1週間に1回でもしっかりと拾っていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

落ち葉拾いに役立つアイテム:レーキ

芝の上の落ち葉を集めるのに便利なアイテムは『レーキ』です。

 

竹ぼうきやハンディタイプの熊手でも落ち葉を集めるだけなら問題ありません。

が、残念ながらそれらはサッチングには不向きです。

しかし、レーキが一本あれば落ち葉を集めるのもサッチングをするのもバッチリ!

 

 

 

アレもコレも買っていては物置があふれかえってしまうので、上手に買い物しましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

金象印 金象ホームレーキアルミP柄付 73821
価格:3036円(税込、送料別) (2019/12/1時点)

楽天で購入

 

 

このレーキなら落ち葉集めもサッチングもできます。まさに二刀流!

 

 

 

なお、レーキであれば何でもOKというわけではありません。

これまた向き不向きがあるので、気になる方はこちらの記事もどうぞ!

参考記事:

芝生のサッチングの道具、おすすめできるモノとできないモノ。

 

 

 

❹目砂も入れておきましょう

冬が来る前に芝生を保護するためにも目砂を入れておきましょう。

 

 

目砂を入れるというのはとても地味ですし、すぐに効果が出るものではありません。

しかし、芝生にとってはすごく大事な手入れなので冬を迎える前に済ませておくべきです。

なお、このときは芝生の先っちょが見えるくらいにはしておきましょう。「ふるい」や「ほうき」などを使ってうっすらと均一に入れるのがコツです。

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

 

目砂・目土は何かと便利なので春先にたっぷり目に買っておくことをおススメします。

冬支度に使うことも出来ますし、芝生の凸凹を直すときや軸刈りしてしまった時にも活躍します。

また、病害虫などでダメージを受けてしまった時にも目砂・目土入れをすると効果的。

 

 

 

なお、せっかくなら保水性が良く通気性も良い肥料入りの目砂を買いましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】根張りが良くなる芝の目砂/14リットル[×2袋セット]
価格:2240円(税込、送料無料) (2019/12/1時点)

楽天で購入

 

 

通気性OK・保水性OK・肥料OK  まさに目砂の三冠王!

 

 

参考記事:

芝生の床土・目土の使い方と使う量をまとめてみました!

 

 

 

芝生の冬支度をしっかりやっておくと・・・

以上ご紹介してきたのが主な冬支度です。

これらを全てやってきた我が家の芝生はではどんな感じなのか?

12月24日撮影。関西某所で高麗芝を育てています。

 

 

これは年末に撮ったものですがいかがでしょう?

そこそこ緑が残っていると思いませんか?

 

 

ご近所さんの芝生を見ていると完全に茶色になったお宅も散見される中、12月末でこれくらいの緑をキープしているのはそこそこかと自分では思っている今日この頃です。

 

 

 

ポイントは年内最後の芝刈りを9月末にしてそれ以降は刈っていないことと、肥料やりを11月初旬まで続けたということだと思っています。

 

もちろん、それもこれも夏場のお手入れをしっかりやっていることが大前提です。

一年を通してしっかりお手入れしていくことがキレイな芝生を作るコツではないでしょうか。

 

 

 

 

以上が芝生の冬支度のアレコレです。

このような冬支度をしっかりしておくことによって、春になると芝はまたキレイな緑色になることができるのです。

 

 

 

芝が緑色になるまでは「このまま枯れていくのでは!?」と心配になるかもしれません。

 

しかし、大丈夫。

 

冬支度をしっかりとすれば、翌年もキレイな芝生を楽しむことができるのです!

スポンサーリンク

-芝生の基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

芝生は冬の水やりは一切いらないんです。

今年の冬はなんだかあったかいような気がしますが、そんな気温には関係なく芝生は秋から冬にかけてどんどん枯れていきます。 夏はあんなに青々としていたのに、目の前の芝生が実際に枯れてくると不安になってきます …

「芝生は難しい」を「芝生を楽しむ」へ。カギは芝刈りにあり!

芝生を始めようとしても「芝生は難しそうだからやめておこう」と思いこんで始める前からあきらめる人も多いようです。 「芝生のお庭がほしい!」と奥さんやお子さんが言ってきても 「いや、芝生ってそんなカンタン …

梅雨入り前の芝生の手入れ、これだけはやっておこう!

今日ご紹介するのは、『梅雨入りする前にやっておくべき芝生の手入れについて』です。     梅雨? 雨がたっぷり降るんでしょ? じゃあ芝生に水やりしなくていいよね? 雨降ってるし芝刈 …

日陰が多い庭でも育てやすい芝生の品種は高麗芝とフェスク類です

芝生が育つときに必要な条件の一つに「日当たりの良さ」があります。     生育期、日中の日照時間が5時間以上は必要と一般的には言われています。     &nbs …

『芝生がいまいちキレイに育たない原因』を考えてみた

1年前に芝張りをしたばかりなのに、なぜかイマイチ芝生がうまく育たない。   これが私の今一番の悩みです。         手入れをサボっていたわけでは …