芝生の基本

12月は、のんびりと芝生の管理をしています。

投稿日:2019年12月22日 更新日:

12月の芝生の管理はとってもラクですね。

 

芝生LOVEなのでもっともっと芝生と戯れたいのですが、茶色く枯れていますし外は寒いのでお手入れをするテンションにもなりませんね・・・

 

家の中で映画みたり子どもと遊んだりして、そのついでに庭に出て芝生の手入れをチャチャッとやるって感じですね。

 

参考記事:

芝生の冬支度、これだけは必ずやっておきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

とりあえず、落ち葉拾い

何でもいいので、芝生の手入れをしたいな~

 

なんて思って外に出てみたところ。

 

 

たくさんの落ち葉を発見!!


季節の移ろいを感じる今日この頃ですね・・・

 

 

芝生の端っこに紅葉の木を植えていて、紅葉するととってもキレイ!

 

ただ、赤色づいてしばらくすると、どんどん葉っぱは落ちてしまいます。

 

 

ということで、「落ち葉拾いをした」というのが12月の芝生の手入れの一つです。

こんなに取れた・・・

 

 

地味です 笑

 

 

 

 

地味なんですが、この落ち葉が雨や朝露でぬれたりすると芝生全体がベチャベチャのグチャグチャになります。

 

そうなると、ジメジメした芝生になってしまってコケや雑草、さらには病気や害虫が生息する原因になることも・・・。

 

 

 

特に、冬場は日当たりが悪くなりがちでコケが生えやすくなります。

コケがあると見栄えも悪くなるので要注意ですね!

参考記事:

芝生のコケ対策には、「3種の神器」が大活躍!

 

 

 

芝生のサッチ、冬でもわりと取れちゃいます

その他に12月にやったことといえば「サッチング」ですね。


愛用のレーキと、取れたサッチの山。

 

 

サッチングは夏にもやったからそんなに取れないでしょ

 

と思ってやってみたんですが・・・

 

 

 

 

これがまた意外と取れるんです!

 

 

 

サッチングはやり過ぎると芝生を傷めることになるので要注意ですが、これだけのサッチが溜まっていたことを考えるとやって良かったと心底思えました。

 

 

スポンサーリンク

やっぱり、芝生のサッチ取りって大事です

サッチングもとても大事な手入れの一つです。

 

 

だって、こんなサッチが溜まったままになっていると風通しも悪くなります。

 

そこに雨が降ってサッチがベチャベチャに濡れて、それがドンドン芝生に溜まると・・

 

 


コケが生えてたり・・・

 

 

 

 


こんなキノコや・・・

 

 

 

 


あんなキノコが・・・

 

 

 

コケやキノコ、その他の雑草が生えてくる原因にもなります。

参考記事:

芝生に生えるキノコ、丸くて白いのはホコリタケでした(写真あり)

 

 

 

だから、冬でもサッチングはやって芝生の風通しを良くしておきましょう。

 

 

水やり、芝刈りなどは一切やりません

その他の手入れは・・・やっていませんね。

 

水やり、芝刈り、肥料やりは一切やりません。

 

冬は芝の根っこが休眠状態なので、やっても意味がないのです。

 

ジタバタせず、春を待ちましょう。

 

 

来年は芝生の凸凹を平らになおしたい

ただ、芝生をよ~く見ると、凸凹しているところが目立ち始めてきました。

 

我が家は芝を張って3年目。

 

芝の生育にムラがあるのか、だんだん芝生が凸凹してきました。

 

 

 

広い芝生なら転圧ローラーをかけて凸凹を平らにしたいところ。

参考記事:

芝生を転圧(鎮圧)するメリットってこんなに凄い!

 

 

ただ、我が家はそんな広大な芝生ではないので転圧ローラーはムリ・・

 

足で踏んだり目土を入れたりしながら凸凹を平らにしてキレイな芝生を作り上げることが来年度の目標ですね!

 

スポンサーリンク

-芝生の基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

芝張りに適した土壌とは、こんな土です!

これから芝生に挑戦するぜ!って人がまずやるべきこと。それは、あなたの庭の土が『芝張りに適した土壌かどうかを見ること』です!   これが一番大事と言っても過言ではありません。   & …

『芝生がいまいちキレイに育たない原因』を考えてみた

1年前に芝張りをしたばかりなのに、なぜかイマイチ芝生がうまく育たない。   これが私の今一番の悩みです。         手入れをサボっていたわけでは …

芝生のランナー(ほふく茎)に床土をかぶせて枯れた芝を復活させた話。

芝はほふく茎によって横へ横へと広がって繁殖していきます。     このほふく茎のことを「ランナー」と呼ぶのですが、たまに芝生からこのランナーが飛び出していることはありませんか?(↓ …

芝刈りの注意点、初心者にお伝えしたい4つのポイント。

芝生の手入れの中でも芝刈りは醍醐味の一つです。   伸びていた芝を刈ってスッキリするととても気持ちが良いですし何より芝生の見た目がグッとよくなります。   しかし、芝刈りにも注意点 …

芝生は冬の水やりは一切いらないんです。

今年の冬はなんだかあったかいような気がしますが、そんな気温には関係なく芝生は秋から冬にかけてどんどん枯れていきます。 夏はあんなに青々としていたのに、目の前の芝生が実際に枯れてくると不安になってきます …