芝生の基本 芝生の枯れ対策

芝生は冬になれば枯れるものの、お手入れはほぼ不要です。

投稿日:2018年11月18日 更新日:

秋もだんだん深まり、芝生の緑もかなり茶色くなってきたと思います。

 

数か月前はキレイな緑色だったのに、冬になると茶色くなる。

 

関東より南に適している日本芝(高麗芝や姫高麗芝など)ではこれは自然の現象。

 

 

 

そう、冬は日本芝って茶色く枯れてしまうのです。

 

 

でも、茶色く枯れてしまうと何だか不安になってしまいませんか?

 

私自身も秋になり芝生が枯れてくるのを見ると、不安になるというか寂しくなるというか・・・

 

 

あと、

春になったらもとの緑の芝生に戻るの!?

って心配もありますよね?

 

 

結論からいうと

大丈夫です。

春になったらちゃんと緑色になります!

 

 

もっと言うと、特別の手入れをしなくても春になれば緑色になります。

(もちろん枯れ果てていなければ、の話ですが)

 

 

 

スポンサーリンク

夏場にお手入れをがんばっても、秋・冬に芝生は枯れるものです

しかし、秋冬に日本芝が枯れるのは避けられません。

 

我が家の芝生(関西在住・高麗芝)も秋になるとだいぶん枯れちゃいます。

 

 

 


8月下旬の芝生。緑色がMAXでしたが・・・

 

 

 

 

 

 

 


11月中旬にもなるとこんな感じ。う~ん、物悲しい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


2月上旬ではここまで枯れます。おいおい、大丈夫!?

 

 

 

比べてみるとよ~く分かりますよね。

 

BEFOREとAFTERでこんなにも違うとは自分でも思ってもみませんでした。

 

 

しかも撮影時間はいずれも晴れた日の13時頃。

 

太陽の角度や明るさも影響していると思いますが、夏と秋と冬ではここまで芝生の色は変わってくるのです。

 

 

俺の芝生よ、大丈夫なのか!?

 

 

 

 

でも、春になるとちゃんと元通りに復活!

そんな感じですっかり枯れてしまいましたが・・・

 

 


3月半ば。なんとなく緑っぽくなってきたような・・・

 

 

 

 

 

 

 


そして4月初旬。確実に緑になってきた。ヨカッタ!!

 

 

 

 

 

 


4月下旬。こんなに一気に緑に色づくの!?

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

こんな感じで4月になるとちゃんと緑の芝生に元通り!

 

冬はこれでもかってくらい茶色く枯れますが、心配ないのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

芝生のお手入れ、冬はほとんどやることありません!

では、茶色くなってきた芝生に対して何ができるのでしょう?こたえは・・

 

『冬場はやることはほとんどありません!』

 

ということです。

 

 

水やり、肥料やり、芝刈り、雑草対策、害虫対策。ほぼやる必要ナシ!

 

 

 

この季節はラクチンなもんです。

茶色く枯れるのも自然の現象ですし、休眠期に入っている芝生に対してアレコレしてもほとんど意味をなさないでしょう。

 

 

 

刈りカスや落ち葉などの「サッチ」が溜まっているとすればそれを取り除いておく。

目につく雑草があれば手で引っこ抜いておく。

11月~2月頃までは最低限これくらいでも大丈夫です。

 

参考記事:

芝生のサッチの取り方を徹底解説!

芝生のサッチングの道具、おすすめできるモノとできないモノ。

 

 

 

こんな落ち葉も一つひとつ拾っておきましょう。

 

 

次から次へと葉っぱはどんどん落ちてきますが、冬場は本当にやれるお手入れが少ないのでせめてこれくらいは拾っておきましょう。

 

 

 

実は私も秋・冬に芝生が枯れると毎年不安になります

結局、冬に芝生が枯れてしまってもできることってないんですよね。

そして、秋になるとだんだん芝生が枯れるのも当然のこと。

何にも心配することはないんですよね。

 

 

それを頭では分かっていますが、実は私も毎年秋になって芝生が茶色くなってくると不安になります。

こうなると分かっていても不安を感じます。

 

 

『水くらいたまにはまこうかな』

 

 

なんて思ったりします。

 

 

物置にあまっている肥料を見つけると

 

 

『せっかくだから撒いておこうかな』

 

 

なんて思ったりします。

 

 

ただ、水やりについてはたまに降る雨で十分ですし、肥料も10月末や11月初旬にまくのを最後に翌年の春までやる必要はないのです。

春になるまで待つ。

これしかありません。

 

 

そして、春(だいたい3月中旬ころ)になればエアレーションをしたり肥料をまいたりして水やりも始めましょう!

参考記事:

芝生のエアレーションの正しいやり方をご紹介!

 

 

 

「芝焼き」は冬にするお手入れですが・・・

サッチを取り除くときって一般的にはレーキや熊手でかき出すようにしますが、芝焼きという方法もあるようですね。

 

文字通り、芝を焼いてしまうのです。

 

 

 

この芝焼きというのは芝生の冬のお手入れの代表的なものだと言えます。

 

細かくいいますと、芝焼きをする目的はサッチを除去すること、害虫の駆除、病気を防ぐ、雑草の除去などがあります。

 

 

 

 

有名なのは奈良県の若草山の芝焼きや岡山県の後楽園の芝焼きがあります。

 

若草山の芝焼きはいつも1月15日に行われていましたが、最近では1月の第4土曜日に開催されることになっています。

 

 

 

 

これらの行事は観光客もたくさん訪れるイベントとなっていますが、もとはといえば芝生にたまったサッチを焼いてしまうのが目的に行われています。

 

 

なにしろ若草山で芝焼きをする面積は東京ドーム7個分だと言われています。

 

 

こんな広大な面積をレーキを使ってサッチをかき出すのはムリですから・・

芝焼きってダイナミックでカッコいいのですが・・・

 

 

ただ、住宅街に住んでいる方が庭の芝生を焼くっていうのは現実的ではありません。

 

火事の危険性は言うまでもありませんし、ニオイや煙で近所迷惑になるでしょう。

 

近所迷惑で済まないこともあります。

 

そもそも市によっては条例によって規制されているところもありますし、消防車が出動しようものならそれこそ大きな問題になります。

 

 

毎年のように野焼きによる事故が起こっています。

素人がやるべきものではありませんね。

 

 

そもそも冬場はそんなに芝生に雑草が生い茂るということはないはずなので、雑草は見つけたら手で引っこ抜く。サッチはレーキや熊手でかき出す。

 

 

そんなお手入れが無難でイチバンですね。

参考記事:

芝生のサッチの取り方を徹底解説!

芝生のサッチングの道具、おすすめできるモノとできないモノ。

 

 

 

スポンサーリンク

-芝生の基本, 芝生の枯れ対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

芝刈りの注意点、初心者にお伝えしたい4つのポイント。

芝生の手入れの中でも芝刈りは醍醐味の一つです。   伸びていた芝を刈ってスッキリするととても気持ちが良いですし何より芝生の見た目がグッとよくなります。   しかし、芝刈りにも注意点 …

芝生のランナー(ほふく茎)に床土をかぶせて枯れた芝を復活させた話。

芝はほふく茎によって横へ横へと広がって繁殖していきます。     このほふく茎のことを「ランナー」と呼ぶのですが、たまに芝生からこのランナーが飛び出していることはありませんか?(↓ …

芝生のはげた部分を再生する方法。

芝生を育てていて、どうしても避けて通れないのが・・・     芝生の「はげ」ですね。     はげ?       順調に育っていた …

芝生を目地張りで張っても凸凹になる心配はありません。

芝生の張り方はいろいろありますが、私はゼッタイ目地張りをおススメしています。   参考記事: 芝生の張り方は「目地張り」がダンゼンおすすめ!       上の記 …

芝生が枯れる原因でいちばん多いのは「間違った水やり」です!

マイホームの庭に張った芝が枯れた、という人はこのように思ったのではないでしょうか?   「やっぱり芝生って難しいね。しょせんシロウトには無理なんだ」       …