サッチング 芝生の基本

芝生のサッチングをする時期は秋~冬がおすすめです。

投稿日:2019年6月22日 更新日:

芝生に溜まった刈りカスなどをレーキや熊手で取り除く作業を「サッチング」といいます。

 

「サッチング」って聞いたことはあるけど、いつやるべきなのかってよくわからないですよね?

 

 

でも、大丈夫!

 

そんなに難しくないです。

 

 

 

サッチングはこの時期にやらないとダメ!というのは特にはきまっていません。逆に、この季節にサッチングをやると芝が枯れる!なんてこともありません。

 

 

しいて言うなら、芝張りをして2,3年たってからやりましょう。芝を張ってすぐにやる必要はまったくありません。

 

 

なぜなら、芝を張った初年度はサッチがあまり溜まっていないからやる必要がないのです。

 

 

「でもそれじゃいつやればいいのかよくわからない!」とツッコまれそうですが、

 

 

個人的には秋~冬にやることをおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

芝生のサッチングを秋~冬にやるべき理由とは?

それは、夏の芝刈りでたくさん刈りカスが溜まるので、秋や冬のうちに刈りカス(サッチ)を取り除いておくと翌年の春から夏にかけて芝がしっかり成長するからです。

 

 

 

春は芝生が成長する時期ですので、肥料まきや水やりをしたりしなければなりません。

 

 

そんなときにサッチがたくさん溜まっているとどうなるでしょう?

 

 

 

 

►サッチが溜まっていると肥料が根元まで届かない!

 

肥料が届かないと芝生が十分に育たない可能性がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

►サッチが溜まったまま水やりをしたり雨が降るとサッチが常に濡れた状態に!

 

そうなると雑菌が繁殖したり害虫がすみつくリスクが大です。

 

 

こんなことを防ぐためにも春が来る前にサッチは取り除いておくべきなのです。

 

そして、スッキリしてから春を迎えましょう!

 

 

 

サッチングを冬にするべきもう一つの理由

冬がサッチングに適しているもう一つの理由。

 

 

それは、冬は芝生の手入れがほとんどなくて暇だからです。

 

 

 

芝刈りも水やりも肥料やりも、な~んにもやることありません。

 

めちゃくちゃ暇です。

 

だからせめてサッチングだけでもやっておきましょう!

 

 

 

・・・それだけです 笑

 

参考記事:

芝生の手入れ、冬は「サッチング」をしてみませんか?

 

 

 

スポンサーリンク

2月にサッチングをしたときの様子

冬の芝生管理はほんとうにヒマ!

ということで、サッチングでもしよかと思って2月にサッチングをしました。


レーキでがりがり

 

そんなにたくさん取れないだろうと思っていたんですが・・・

 

 

 

 

 

 


信じられないくらいどっさりサッチがとれました!

 

 

正直こんなにとれると思っていませんでした。

これについては本日の記事では割愛しますので、コチラを参考にして下さい。

参考記事:

芝生のサッチの取り方を徹底解説!

 

 

 

なお、この日のサッチングで使ったおすすめの道具はこちらです。

軽くて機能的。サッチングにめちゃくちゃピッタリな道具です

 

これを使って毎年どっさりサッチを取っています。

 

 

ただし、中にはサッチングに向いていないレーキもあるので要注意です!

参考記事:

芝生のサッチングの道具、おすすめできるモノとできないモノ。

 

 

芝生のコケ対策にもサッチングは有効です

芝生の日当たりが悪いとコケが生えやすくなりますが、そんなときにもサッチングを有効です。

 

ウチの芝生は冬場はかなり日当たりが悪いので、コケが生えやすいんです。

緑のところ、ぜ~んぶコケ!

 

 

コケはジメジメしているところを好んで生えてくるので、サッチはできるだけ取り除いてスッキリさせておく方がいいですよね!

 

参考記事:

芝生のコケ対策には、「3種の神器」が大活躍!

 

 

 

サッチをこまめに取り除いておくとコケも生えにくくなるので、私は秋~冬の間に3回くらいはサッチングをやります。


3月上旬にもサッチングをしました。

 

 

サッチは百害あって一利なし!

 

こまめに取ってスッキリしましょう。

 

 

 

「ZEROサッチ」より「WITHサッチ」

このように、サッチングって頑張れば頑張るほど取れちゃいます。

 

それはもう、面白いくらいに取れますし頑張った成果としてたくさん取れればさらに面白くなります。

 

 

ただ「サッチをゼロにしよう!」とは思わず「できるだけでいいから減らそう♪」くらいに思って取り組むことをおススメします。

 

理由はカンタン。

やればやるほど無限に取れるのでキリがないから!です。

 

 

 

秋~冬にどんなにサッチングを頑張ったとしても、春になればまた取れちゃいます。ウソだと思う方は、暖かくなってきた3月頃にサッチをむしり取るように手で芝生を触ってみてください。たくさんサッチが取れるハズです。なので、サッチをゼロにするのはあきらめて芝生に害がないくらいまでサッチを減らそう、と思って取り組みましょう。

 

 

それがサッチングのコツでもあります。

 

 

 

スポンサーリンク

-サッチング, 芝生の基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

芝生の手入れ、冬は「サッチング」をしてみませんか?

芝生を管理している人なら「サッチング」って聞いたことはあると思います。     ただ、     毎年ちゃんとサッチングしていますか?   サッチングな …

有機肥料を使えばカンタンに芝生の土壌改良ができます

芝を張って数年が経過。   もう少しキレイな芝生を作りたい。 そのためにも土壌改良をしたい。 いま張り付けている芝生を残したままで土壌改良をしたい!     でも芝生の土 …

【必須の手入れ】芝生の病気予防は5月中から始めよう!

きれいな芝生を作るためには「芝刈り」「水やり」「肥料やり」など、いろんな手入れが必要です。   プロの業者さんに芝張りをしてもらったとしても、放っておいてキレイな緑の絨毯になるほど芝生の管理 …

芝生の冬支度、これだけは必ずやっておきましょう!

夏は芝生のお手入れが本当に忙しかったと思います。 水やり・肥料やり・芝刈り・雑草対策・病害虫対策など、やることがもりだくさん。     一方で芝が休眠状態になる冬場は特にお手入れを …

12月は、のんびりと芝生の管理をしています。

12月の芝生の管理はとってもラクですね。   芝生LOVEなのでもっともっと芝生と戯れたいのですが、茶色く枯れていますし外は寒いのでお手入れをするテンションにもなりませんね・・・ &nbsp …