私の記録 芝生の基本

芝生の新芽がまだ出てきません【2024年3月下旬】

投稿日:2024年3月21日 更新日:

本格的な芝生シーズンが始まろうとしている2024年3月下旬ですが・・・

 

まだ芝の新芽がでてきません。

2024年3月20日

日当たり良好なところに張り付けているTM9は未だこんな感じ。春の訪れは全く感じませんね。

 

 

 

地面に接写してもこんな感じ

チラホラ見えている緑の芝は昨年の芝で、今年の春に出てきた新芽ではありません。

 

 

例年であれば「春分の日」あたりは本格的な芝生管理を始めようと思う頃で、肥料をまいたり芝生を張り替えたりアレやコレやと忙しくしています。が、今年は暖冬だったわりには3月になっても寒い日や雨の日が続いているため、なかなか芝生活動が思うようにできていないのです。

3月21日なんてこんなことになりました

 

 

 

2023年度は暖冬だったので芝生が早く育ち始めるかなぁ~なんて思っていましたが、今のところ期待外れです。では、芝生の成長を促進させるためにはどんな対策があるのでしょうか?

 

 

芝を成長させる対策は?

今年はまず液体肥料を散布することにしました。

 

王道の液体肥料、ハイポネックス!

 

 

昨シーズンはあまり化成肥料を使っていなかったのですが、化成肥料を使わず有機肥料ばかり使っていると三大栄養素の「窒素」「リン」「カリウム」がだんだん乏しくなってくるので、今年は去年の方針とはうって変わって化成肥料をしっかり適切に使おうと思います。

 

なので、まずは液体肥料を投入します。

 

 

スポンサーリンク

液肥は使い過ぎに注意!

肥料全般に言えることですが、液体肥料も使い過ぎには注意です。

 

化成肥料をたくさん使い過ぎると病弱な芝生になってしまいます。梅雨時に病気にならないためにも使い過ぎないのがコツ。頻度・量ともに、あくまでも適切な範囲内で使いましょう。今年は春先に使うのと梅雨明け後の夏真っ盛りの時に使いたいと思います。

 

 

肥料以外は今は保留で

他にも「サッチング」「低刈り」「根切り」なども春にする手入れですが、3月は控えておきます。もう少し暖かくなってきて芝生に元気が出てきてからやりたいと思います。

 

春なのではやく緑色の芝生を見たいところですが、焦りは禁物。春にこの手入れをしなければ成長しない!新芽が出てこない!なんてことはありません。まずはじっくりと芝生の様子を見ながら春の手入れをしていきます。

スポンサーリンク

-私の記録, 芝生の基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

日陰が多い庭でも育てやすい芝生の品種は高麗芝とフェスク類です

芝生が育つときに必要な条件の一つに「日当たりの良さ」があります。     生育期、日中の日照時間が5時間以上は必要と一般的には言われています。     &nbs …

3月、芝生の更新作業のため芝を低刈りしました。

春を迎える前の2月下旬~3月上旬にやるべき芝生の手入れをご紹介します。   それは   芝生の更新作業、です。       2022年冬、ここ関西地方 …

DIYで芝生をするときに費用を安くすませるコツ。

家の庭が芝生!   これに憧れている人は多いと思います。       きれいな芝生の上でこどもやペットと戯れる休日の朝・・・     なんて …

芝生の肥料、与える間隔はどれくらい?

皆さんは芝生に肥料をちゃんと与えていますか? 「何をいまさら」と思われたあなたはしっかりと芝生に愛情を注いでいる方だと思います。 と言うのも、芝生に肥料を与えていない人って意外と多いらしいのです。 & …

梅雨入り前の芝生の手入れ、これだけはやっておこう!

今日ご紹介するのは、『梅雨入りする前にやっておくべき芝生の手入れについて』です。     梅雨? 雨がたっぷり降るんでしょ? じゃあ芝生に水やりしなくていいよね? 雨降ってるし芝刈 …