おすすめアイテムご紹介 キャンプ

モンベルとロゴスのシュラフ(寝袋)を比較してみた!

投稿日:2021年9月25日 更新日:

我が家のキャンプグッズの95%はロゴスです。シュラフ(寝袋)だってロゴスのを愛用しています。

 

なぜロゴスなのかと言うと、そこそこリーズナブルなんですが機能もしっかりしていますしデザイン性も気に入っているから。だから、何か新しいキャンプグッズを買うとなるとたいていロゴスショップで物色するんですが、そんな中、ひょんなことから『モンベル』の寝袋を買うことになりました。

 

たまたま行ったモンベルの店

 

 

 

で、このモンベルの寝袋が最高でした。

 

 

ぶっちゃけ、モンベルの商品がイイとかイマイチとか知らずにたまたま買っただけなんですが、とにかく良かった!

 

 

 

ロゴスでキャンプグッズを揃えているからと言って「ロゴスが最高!」と思っていたわけではないんですが、モンベルもなかなかイイものを売っているということに初めて気が付きました。

 

ということなので、これまで使っているロゴスの寝袋とたまたま買ったモンベルの寝袋を比較してみることにしました。これからキャンプ用の寝袋を買おうと思っている人にとって参考になれば幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク

ロゴスの寝袋

まずロゴスの寝袋を簡単にご紹介します。

 

 

コチラが愛用のロゴスの寝袋。

 

『2in1・Wサイズ丸洗い寝袋・0』という商品です。

 

なぜこれを買ったのかというと、2個セットで販売されているのでお得だと思ったから、です。

 

 

 

 

サイズとしては身長175㎝の私にはピッタリ。使っていて窮屈に感じることはありませんし、多少寝返りを打つことだって普通にできます。

 

 

 

また、春や秋のキャンプでこの寝袋を使って寒くてムリ!ってなったことはありません。寒さに耐える機能としても十分です。万が一寒いと思うのなら少し厚着をすればいいだけのハナシ。

 

 

また、この商品はそもそも2個セットで販売されているんですが、2つの寝袋を連結させて大きな寝袋に変形させて子どもと一緒に入って寝られるというオマケ的な機能もあります。小さい子どもを連れてキャンプする時なんてとても重宝しますね。

 

 

 

ということで、

 

 

この寝袋を使っていて機能面で困ったことはありません。この寝袋しか使ったことがなかったときは、ロゴスの寝袋サイコ~!って思っていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOGOS ロゴス キャンプ 寝袋 2in1・Wサイズ 丸洗い・0 72600690
価格:13640円(税込、送料別) (2021/9/23時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

 

 

 

モンベルの寝袋

一方、たまたま買ったモンベルの寝袋がこちらです。

 

 

『バロウバッグ#5』という商品名です。

 

 

 

 

人気のバロウバッグシリーズ

 

 

 

 

モンベルの寝袋には「バロウバッグシリーズ」というのがあるんですが、「#5」というのはカンタンに言うと「夏キャンプ用」ということです。「#0」と「#1」は冬キャンプ用、「#2」と「#3」は春・夏・秋キャンプ用と覚えてください。で、それすら知らずにたまたま買ったのが『バロウバッグ#5』というわけです。春や秋にもキャンプを行く我が家としては「#5」を買ってしまったのはやや選択ミスでしたが仕方ありません。

 

 

 

で、この寝袋が最高に良かった。

 

 

何がどう良かったのか?についてはロゴスの寝袋と比較することでモンベルの寝袋の良さをご紹介していきましょう。

 

 

 

 

寝袋を選ぶポイント

寝袋を選ぶときの大事なポイントって

 

・寝心地

・暖かさ

・収納性

 

だと思います。

 

 

もちろん、コスパも大事ですし丸洗いができるか否かというポイントもありますが、私としてはそれ以上に「寝心地」「暖かさ」「収納性」が大事だと思っています。

 

 

ということで、主にこの3点に絞って比較していきます。

 

 

 

 

寝心地を比較

寝心地を大きく左右するのはその寝袋の大きさです。ということで、まずは2つの寝袋の大きさを比較します。

 

 

モンベル(左) ロゴス(右)

 

 

 

 

ロゴスの寝袋

ロゴスの寝袋は縦の長さが185㎝。

私の身長が175㎝なんですが十分な長さがあるので全く問題ありません。スッポリ入れます。

 

 

横幅は75㎝もあってわりとワイドなので、寝袋の中に入ってから寝返りを打つことも体勢を変えることも難なくできます。ワイド過ぎることと滑りやすい素材をしているため、寝ている時に身体が寝袋から抜け出してしまうことがたまにあってそこが唯一のマイナスポイントですが、慣れてしまえば何の問題もありません。

 

 

ということで、総合的にはロゴスの寝袋の寝心地はとても良いです。寝心地という点でつらい思いをしたことは一度もなく、いつも快適に寝ることができます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

モンベルの寝袋

一方のモンベルの寝袋。

こちらは使用経験がまだ少ないんですが、使った感想をご紹介します。

 

 

モンベルの寝袋の長さに関する記載が見つからなかったので、縦・横の正確な長さは不明。ただ、縦の長さはロゴスの寝袋とほぼ同じかやや短めで、横幅はほっそりしています。

 

 

モンベルの寝袋はやや細めということもあり、身体にフィットする感じです。身体が大きめの方や身体にフィットするのがイヤという人にはやや不向きかもしれませんが、身体がやや細目の私にとっては全く問題ナシ。

 

 

横幅がほっそりしていますが、そのぶん伸縮性がスゴいので実際に使っていて窮屈な感じはありません。

圧倒的な伸縮性!!

 

 

「super spiral-stretch system」とのこと。難しいことはさておき、縦にも横にもとにかく良く伸びる構造をしているということのようです。なので身体にフィットして保温性をキープしつつ、寝心地の良さも保っているというわけです。

 

そんな特徴のおかげもあって、モンベルの寝袋も寝心地はgoodでした。身体にフィットしますが決して窮屈なことはなく、そもそも伸びる素材なので特に気にはなりません。

 

 

 

個人的には、寝心地という点では今のところはロゴスの寝袋の方が気に入っていますが、慣れてしまえばどちらも差はないでしょう。

 

 

以上が寝心地の比較でした。

 

 

 

 

暖かさを比較

次に暖かさを比較します。

 

そもそもの機能性がやや違うので単純な比較はできません。ですので、私の使用経験をもとにした主観的な話になってしまいます。

 

 

 

ロゴスの寝袋

 

ロゴスの寝袋はこの表示にもあるように「0℃」までが適正温度の目安です。私の経験上では、秋の終わりくらいまでは十分使えます。冬キャンプはしたことがないので冬でも使えるかどうかは分かりませんが、真冬だとこの寝袋では少し厳しいかもしれませんね。

 

 

あと、先ほども紹介したように、横幅がワイドなことと滑りやすい素材をしているので寝ている間に身体が寝袋から滑り出てしまうことがあって、そのときに寒くて目が覚めることがたまにあります。なので、涼しい季節のキャンプでこれを使うのなら寝るときはこいつにスッポリと入り込んで使いましょう。

 

 

逆に、暑い季節のキャンプだと横のジッパーを半分あけて風通しを良くしたり、ジッパーを全開にして敷布団みたいにして使うことも可能。春・夏・秋でオールマイティに使える寝袋です。

 

 

ということで、春~秋までのキャンプで使用するにおいて、暖かさは全く問題ありません。

 

 

 

 

モンベルの寝袋

 

モンベルの寝袋「バロウバッグ#5」は夏キャンプ用なので、最低使用温度は4℃です。寝るときに厚着をすれば秋のキャンプで使っても寒くはありませんが、秋の終わりや冬のキャンプで使うには力不足です。冬キャンプをするという人であれば、バロウバッグの#0や#1を買いましょう。

 

 

ただ、この寝袋は細目で身体にフィットするためすごく暖かいです。「#5」は夏キャンプ用ではあるものの、暖かさは期待以上なので秋キャンプでも大丈夫だと思います。ロゴスの寝袋のように身体が滑り出てしまうことはありませんし、個人的には暖かさについては不足はありませんでした。

 

 

 

以上まとめると、「バロウバッグ#5」も十分暖かいので、優劣つけがたしといったところです。

 

 

ロゴスとモンベルを比較してどうこうよりも、秋や冬にもキャンプをするのならせめて「#2」か「#3」を買うようにしましょう。

 

 

 

 

収納性を比較

さて、最後に収納性についてです。

 

「寝心地」や「暖かさ」ではあまり差がなかったのですが・・・

 

 

 

 

収納性についてはハッキリ言って大きな差があります。天と地ほど差があると言ってもいいくらいです。

 

 

 

寝心地や暖かさについてはそこまで大きな差はありませんしたが、この収納性だけは全く違います。なので、「収納性」だけでどちらを買うか判断してもいいくらいです。

 

 

ということで、さっそく2つの寝袋を並べて比べてみましょう。

 

 

 

 

 

 

モンベル、ちっさ~~!

 

 

うそ~ってくらいの小ささ。

一目瞭然ですね。

 

 

 

幅もモンベルの方が短いです。

 

 

 

ハッキリ言ってこの小ささは武器です。

 

 

なぜなら、片づけがすごく楽!

 

 

我が家の話でアレなんですが、ロゴスの寝袋はデカいため嫁さんは片づけることができませんし、私がやっても一苦労です。それに比べて、モンベルの寝袋だと嫁さんでも座りながら手だけでクルクルまるめて片づけることができました。これは革命的!

 

ロゴスの寝袋は片づけるのが大変

 

 

 

モンベルの寝袋は片づけが楽すぎッ!

 

 

 

繰り返しますが、この小ささは最高です。

 

 

「暖かいけどごついひと昔前のダウン」と「薄いけど暖かい最新のダウン」くらいの違いがあります。

 

 

 

あと、小さい寝袋だと車に積む時にスペースをとらないので助かります。キャンプグッズってなんやかんやで気が付いたらドンドン増えていき、車に乗りきらなくなってきます。我が家は3人家族なんですが、3人分の荷物でも車はパンパン!そんなとき、寝袋がこれだけ小さいと非常に助かります。

 

 

ということで、

収納性についてはモンベルの圧勝!

 

 

ぶっちゃけ、この「収納性」だけを考えてモンベルの「バロウバッグシリーズ」を選んでもいいくらいだと思っています。それくらい収納性に優れた寝袋です。

 

 

 

 

以上、ロゴスの寝袋『2in1Wサイズ丸洗い寝袋・0』とモンベルの寝袋『バロウバッグ#5』を比べてみました。

 

収納性だけでいえばモンベルの圧勝ですが、ロゴスは2個セットで13000円という最高のコスパを誇っていますし、くっつけて子どもと添い寝ができるというメリットもあります。寝心地や暖かさでもそこまで大きな差がないので、どちらを選ぶかはあとは好みやコスパで決めるのがいいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-おすすめアイテムご紹介, キャンプ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

焚き火から芝生を保護するには防火シートがおすすめ!

「家の芝生でバーベキュー」に憧れる人も多いかと思います。   かく言う私もその一人。決して広い芝生ではないんですが、芝生のある庭で家族でバーベキューって楽しいですよね。   &nb …

芝生の種類で寒冷地にお住いの方が買うべき品種はこちら!

「芝生」と一言でいいますが、実は芝の種類って30種類ほどあるんです。 高麗芝と姫高麗芝のように比較的おなじような種類の芝草もありますが、それでもどの芝を買っても良いというわけではありません。 なんとな …

芝生の伸びすぎの手入れは電動バリカンで刈るのがおすすめ!

芝生のお手入れをついサボってしまい、芝が20㎝くらいにまで伸び放題になってしまった。   それを芝刈り機で刈ろうとしたけど、ぜんぜん上手く刈れない。       …

狭い庭の芝刈りは電動バリカンを選ぶべし!

芝生の手入れの醍醐味と言えば、・・やっぱ芝刈り!       ~~~~~~~~~~~~~~~~~ 晴れた休みの日、芝のニオイをかぎながら芝刈り機を気持ちよく走らせてジョリ …

芝生の種類、一番のおすすめは高麗芝!

芝生をはじめようとするときにまず考えるのは   「芝ってどんな種類があるの?」 「どれを買ったらいいの?」   ということではないでしょうか。     当たり前 …