害虫

芝生で見つけたミミズのふんと戯れた9月のある一日。

投稿日:2020年9月23日 更新日:

あなたの芝生に、こんなかたまりが突然あらわれたこと、ありませんか?

 

 

これは芝生のミミズが出したふんのかたまり、つまり「ふん塚」です。

 

 

 

まぁ、簡単にいうと・・

 

 

ミミズの糞のかたまりですね。

 

 

 

 

 

あんな小さいミミズがよくこんな大きなふんをするもんだなー。っていうか、コレほんとにミミズのふんなの!?って思ってしまいますが・・・・

 

 

まぎれもなくこれはミミズの糞のかたまりです。

 

 

 

スポンサーリンク

これは土・・?いえ、ふん塚です!

こちらにも別のふん塚が出現!

 

 

しょせんはミミズの糞のかたまり

ドアップで見せるものでもありません。

 

 

 

ただ、

「これって土かな?」

って思っている人のためにあえてドアップでお見せしているということで・・ご容赦ください。

 

 

 

 

 

これはふん塚ではありません。

アリの巣です。

これもある日、突然できていました。

 

 

 

 

 

 

こんなものもありましたが、これもふん塚ではありません。

 

鳥のフンくらいでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

ふん塚が出現しやすい時期

ミミズのふん塚ですが、一般的には春先と秋に出現しやすいと言われています。

 

 

我が家の芝生では9月に入ってからミミズのふん塚をよく見かけるようになりました。

 

昨日は何もなかったのに、朝起きて芝生を見るとふん塚が・・・!ということはよくあります。

 

 

 

いつの間に作ったんでしょう?

汚い話ですが、ミミズがふん塚を作っているところをぜひ見てみたいもんですね!

 

 

 

 

 

ふん塚ができたらどうする?

芝生の見た目を悪くするミミズのふん塚。

 

見つけた時の対処方法を紹介したいと思います。ちなみに、完全に自己流です。

 

 

 

 

①スコップでとる

ふん塚をみつけたらスコップでとるようにしています。

 

ミミズの糞といっても決してベチャベチャしているわけではなく、ボロボロっとした土のかたまりみたいなもんです。

 

とは言っても、糞は糞。手で拾うにはさすがに忍びない。

 

ということで、ミミズのふん塚を見つけたらスコップで拾っています。

 

で、スコップで取ったのが上の写真。

一個のふん塚なのにこんなたくさんありました。ミミズ、おそるべし!

 

 

 

 

スポンサーリンク

②畑にばらまく!

取ったふん塚は我が家の畑にバラまいています!

 

ミミズは土壌改良に役立っているというのは有名な話。そこで、「たぶんミミズの糞もたい肥として使えるのだろう!」と勝手に思い込んで、畑にブチ込んでいる、というわけです。

 

 

 

 

 

③ホースで残骸を吹っ飛ばす!

さて、スコップで取り除きましたが、糞が完全には取り切れないので・・・

 

 

 

 

 

ホースを『ジェットモード』にして糞に向かって噴射!

 

 

 

 

 

 

跡形もなく消し飛びましたとさ。

 

 

 

 

 

 

私の場合、ここまでやってふん塚対策は完了となります。めでたしめでたし。

 

 

 

 

 

ふん塚は放置しておいてもOK?

このミミズの糞のかたまりですが、放置せずにできれば取り除いてしまいましょう。

 

なぜなら、ふん塚があるだけで芝生の見た目がだいぶ悪くなるから。

 

ぱっと見は土みたいですが、しょせんはミミズの糞のかたまり。こんなものないに越したことはないのです。

 

 

 

 

あと、ふん塚を除去せずに芝刈りをすると、芝刈り機の刃を傷める原因にもなります。

 

ミミズの糞のかたまりごときに大事な芝刈り機の刃が傷んでしまっては悔やんでも悔やみきれません。

 

 

 

だから、ふん塚を見つけたらしっかり除去しましょう。

 

 

 

 

芝生のミミズ対策

ミミズは害虫ではなく益虫という考え方もありますが、どうしても気になるようであれば殺虫剤を使って退治しましょう。

 

 

『シバラックMC』という殺虫剤がミミズに対して効果があります。

 

 

実際にシバラックMCを使った時の話はコチラの記事をどうぞ!

 

参考記事:

芝生のミミズを劇的に駆除する殺虫剤は『シバラックMC』

 

 

 

 

 

ミミズ退治のためだけにわざわざ殺虫剤を使うのってどうなの?!

 

 

と思った人もおられるでしょう。

 

ご安心ください。

『シバラックMC』が効果的なのはミミズだけではありません。

 

 

 

『シバラックMC』は芝生の大敵であるコガネムシ・スジキリヨトウ・シバツトガという芝生の三大悪党にも効果があるんです!

 

シバラックMC、参上っ!

 

 

 

これら三大悪党をやっつけておけば一安心といっても過言ではないくらい、コガネムシ・スジキリヨトウ・シバツトガは芝生愛好家にとってはうっとうしい存在。

 

そいつらを退治してさらにミミズも退治できるんです。

 

 

 

シバラックMC。

わりとスグレモノの殺虫剤だと思います。

 

 

 

芝生のミミズあれこれ

さて、芝生によくあらわれるミミズの種類ですが、その名も・・・

 

「クソミミズ」

 

です。笑

 

なんて悲惨な名前・・・。

さすがに同情してしまいます。

 

 

 

日本では北は北海道から、南は九州・沖縄まで生息しており、芝生・田畑・草地など幅広くみられます。

 

 

クソミミズですが、日本に生息する数あるミミズの中でも最もふん塚をうず高く積み上げる種類で、とある芝生で1か月測定した結果、1㎡あたり1kgものふん塚を作り上げたそうです・・・!

 

 

 

さすがはクソミミズ。

その名に恥じない結果を残していますね。

 

 

 

また、Wikipediaでミミズを検索すると、

「食物連鎖で最下位に属する」

と書いてあります。

 

 

 

最下位って・・・

 

 

なんだか可哀想になってきます。

 

 

 

 

そんな最下位ブッチギリのミミズですが、田畑にいると益虫として喜ばれますが、芝生ではやっぱり害虫扱いなんですよね。ミミズ自体はいいとしても、大量のふん塚を残された日にはちょっとイヤな気持ちになります。

 

 

 

ひいき目に見てミミズは益虫と害虫のボーダー上にいると思います。ただ、やっぱり退治しておきたい!というのであれば『シバラックMC』で芝生の三大悪党どもと一緒に退治してしまいましょう。

 

 

参考記事:

芝生のミミズを劇的に駆除する殺虫剤は『シバラックMC』

 

スポンサーリンク

-害虫

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

突然、芝生が円形に茶色く枯れる原因は「シバツトガの幼虫」でした。

みなさんの芝生でこんな経験をしたことはないでしょうか?       芝生が急に円形に茶色く枯れているのを発見した。   昨日はきれいな緑色をしていたハズなのに・ …

芝生のミミズを劇的に駆除する殺虫剤は『シバラックMC』

芝生のミミズを駆除したい!と思ったことはありませんか?   私はあります。       正確に言うと、 「芝生にミミズが大量の糞をしていくので、糞を何とかしたい …

芝生の殺虫剤、自信をもっておすすめできる「スミチオン乳剤」

芝生を育てていて害虫に悩まされること、ありませんか?   私も害虫のせいで「円形に茶色く」枯れてしまったことがあります。   参考記事: 突然、芝生が円形に茶色く枯れる原因は「シバ …